EmooveのMemoryを記録しシェアするメディア

【私の考える採用論】第1回 ~3社で採用を手掛けた私が考える採用の3つのポイント~

【私の考える採用論】第1回 ~3社で採用を手掛けた私が考える採用の3つのポイント

こんにちは、H.O.です。

私はこれまで3社で採用に携わり、特に3社目では採用マーケターとして働いていました。

そしてEmooveでも採用責任者としての役割を担っています。

そんな私が考える採用論を本日はお伝え出来ればと思います。

今後定期的に更新していく予定ですので、本日は私の考える「採用担当者としての在り方」と「採用の考え方」、そして「これからの採用に必須な要素」の3点にフォーカスしてお伝えします。

 

採用担当者は、会社の課題を適切に判断し解決出来るコンサルタントである!

私はこれまで3社で働いてきましたが、2社目では特にマーケティングのコンサルタントとして働いていました。

そして僕の採用に対する考え方は、2社目の時に学んだコンサルタントとしての考え方に基づいて構築されています。

まず始めに、採用業務は会社の規模やステージによって中身が変わっていきますが、基本的には

会社の現状分析を行う→どのような課題があるか判明させる→その課題を解決出来る人に参画してもらう

という流れはどの会社においても不変であると考えます。

コンサルティングにおいても、この流れは同じで基本的には現状を踏まえた上で、最も課題を解決するに適したソリューションを実行していくという流れが基本であります。

また言うまでもなく、採用は経営において、最も重要なファクターです。採用が失敗すれば基本的にどのような会社も衰退していきます。

だからこそ、採用担当者はその会社において最も重要な任務を担っており、最も価値のあるコンサルタントであると私は考えています。

 

重要なのは、誰に、どのような想いを、どうやって伝えるか

次に、採用において何がポイントになるのかについて記載していきます。大きく分けてポイントは3つあると考えていて、それらをまとめると「誰に、どのような想いを、どうやって伝えるか」という言葉になります。

ここでは、それぞれの概要をお伝えしていきたいと思います。

 

「誰に」のポイント

そもそも論になりますが、どういった方を採用するかが決まっていなければ、採用は上手くいかないと考えています。

よくあるのが、「とりあえず優秀であれば何でもいいから採用したい」と考えてしまうパターンですが、これは上手くいかない典型例です。

このような状況が往々にして発生する原因は、「会社の課題を正しく把握出来ていないこと」にあると考えています。

課題が分からないからこそ、どのような課題でも解決出来そうなソリューション(この場合は人)を求めるのです。

しかし残念ながら、どのような課題も解決出来るような人材は基本的には存在しないので、採用は確実に失敗します。

まずは、そもそも何が課題で、どのような人がその課題を解決することが出来るのかを考えることから採用は始まると私は考えています。

 

「どのような想いを」のポイント

「誰に」が決まったら、初めて「どのような想いを」伝えるのかが決まります。

会社の課題を解決出来るその人はどのようなことに興味があるのか、そしてその興味と「会社」をどのように繋げて、その人がチャレンジしたいと考えてもらえるかを考える必要があります。

勿論ですが、人によって興味を持つ部分や、何に挑戦したいかは変わります。

なので採用担当者は、それぞれのターゲットに合わせて、どのような想い(なぜアナタでないといけないかという情報)を伝える必要があります。

 

「どうやって伝えるか」のポイント

最後に考えるべきは、ターゲットはどこにいて、どのように想いを届けるかを検討しなければいけません。

いくらターゲットが明確で、その人に刺さる想いがあっても、その人に伝わらなければ何の意味もありません。

エンジニアを採用したければ、エンジニアは日々どこで情報収集を行っていて、どのようなイベントに顔を出しているのかを考える必要があります。

これが適切に設定出来ていない会社が多く、とりあえず求人広告を出す、という伝え方をやっている採用担当者はとても多いです。もちろん求人広告を出すことは効果はありますが、採用形態が多様化した現在において、短絡的に求人広告を出すという採用手法は効果が出ない場合が多くなってきたと個人として考えています。

特に多くのスタートアップにおいて、単に求人広告を出しただけでは採用したい層にアプローチ出来ることはほとんどないです。

現在は様々な採用手法が浸透してきているので、選択肢を広く持つことが今後の採用のキモになると私は考えています。

※この部分については、今後深彫りしてお伝えしていく予定です

 

これからの採用に必須なのは”愛” 会社が選ぶのではなく、会社が選ばれる時代へ

最後に、私はこれからの採用に必須となる要素は、求職者への”愛”だと考えています。

ここで言う”愛”とは、求職者のことを考え尽くして、相手が求めているものを提供すること(場合によっては提供しないこともある)です。

マーケティングの世界において、よく「ユーザーファースト」という言葉が使われますが、私はこの言葉が大好きです。まさにユーザーへの”愛”を持って接することの出来ている状態が「ユーザーファースト」だと思います。

採用においても、この「ユーザーファースト」が必須です。

理由としては、現在の採用市場は有効求人倍率が高く、基本的には求職者が会社を選べる状況だからです。

例えば、求職者へのレスが遅いだとか、誠意のない対応をしてしまえば、求職者から「この会社はイケてない」という烙印を押され、見向きもされなくなります。

採用が難しくなる中で、この「ユーザーファースト」はどのような会社も今後注力する部分だと思われます。

求職者への”愛”は、これまではある会社が「イケてる」と思われていたものが、「あって当たり前」になっていくことが予想されます。求職者の期待が高まっているのです。

そう考えると採用担当者は今後ますます求められることが多くなっていきます。

そして、だからこそ採用担当者は常にスキルやマインドのアップデートが必要だと考えています。

今後も、私の採用ノウハウや考え方をEmoryで伝えていきますので、是非フォローしていただければと思います。

by
SNSでフォローする