EmooveのMemoryを記録しシェアするメディア

歴史に刻まれる1ページ!待望のエンジニア参画とEmooveの採用哲学

どうも!おなじみまっつんこと松谷です。

タイトルの件ですが、ついに弊社に待望の1人目のエンジニア様の参画が確定しましたー!今年からエンジニア採用を開始してから様々なドラマがありましたが、ようやく奇跡のマッチングが実現。本格的に爆速成長に向けて動き出しております。

今回のご縁にあたって、まず僕を信じて採用を一任してくれた鵜飼ちゃん、ご縁を作って下さったエージェント様、そして何より、どこでも行けるハンパ無い実力を持ちながら弊社を選んで下さったH澤さんに心から感謝を申し上げます。間違いなくEmoove社史の歴史的1ページが、いまここに刻まれました。

少しご紹介

まず開発可能な言語ですが…

もはや訳が分かりません…。てか初めて見る言語がちらほら…。

一般人に当てはめて考えると「英語、タイ語、日本語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語、中国語、韓国語出来まっせ」という感じでしょうか。

ちなみに他の会社でCTO・技術顧問として参画していらっしゃったり…、アメリカIT企業から破格の金額でスカウトされたりと本当に引っ張りダコなお方なんです。そんな方が『事業戦略の展望と組織に大変将来性を感じました』という有り難きお言葉と共に参画が確定するという…ミラクルが起こりました。

ちなみにエニアグラムは「研究者」と「楽天家」とのこと。
Emooveは”他者理解”がカルチャーの1つなので、こういった事をメンバーにお願いする事を文化としています。

→ メンバーのことをもっと理解するために、全員でエニアグラムをやってみた。

<研究者>

<楽天家>

「研究者」であり「楽天家」というのは非常に僕らにとっては嬉しい結果です。というのもスタートアップである以上、「俺たちなら絶対いける!」「きっと大丈夫」というポジティブな雰囲気がモメンタムを創るうえで非常に大切でして、このモメンタムを殺さないでいられるかどうかがスタートアップにとっては死活問題な訳です。

→参考:スタートアップはモメンタムによって生き延びる

(あらゆるトラブルに対応するためにもリスクサイドを見れる人間は必要ですが、それは全員が常にアンテナを持っておけばいい話で、ベンチャーにおいては所属する人の気質の総和が雰囲気や空気感を創るため、半先天的な資質レベルで楽天的であるかというのは非常に重要な事です)

Emooveの掲げる採用観

さて、ここからが重要なんですが、スキル云々もありますが、最も僕らが嬉しいのが「無条件に信頼できる」と思える方なんです。

 

「スキル<<(超えられない壁)<<信頼」という考え方

まず前提として、Emooveは現状のスキル以上に「事業への共感」と「仲間として無条件に信頼できるか?無条件で愛せるか?」というのを採用において重用視しています。むしろ上記以外はあまり重要だとは思っていません。

スタートアップとして背中を信じて預ける仲間ですし、役員としては仲間のためなら命を張って助けるくらいの気持ちでいる訳ですから、極端な話、信頼出来そうになければGoogleのエンジニアだろうがお断り、というスタンスな訳です。

前の記事でも書きましたが自由と規律を重んじ、ナレッジワーカーの集うチームにおいて”信頼関係”というキーワードは、何よりも重視すべき先行指標です。

そんな前提がある中でのエンジニア採用だった訳ですが、H澤さんは、心から信頼出来ると感じました。

根拠は過去のご経歴からも垣間見える部分ではありますが、対話の中でも「あ、この人なら絶対信頼できるわ」という論理を超越した何かを感じた訳です。

そして人はそれを勘と呼ぶのでしょう。

(※「勘かい!」というツッコミが聞こえてきそうですが…、あえて言いきりましょう。勘であると!

あともう1つ大事な点としては、話していて、とても面白いということです。つい最近の飲みの席では終止僕も鵜飼代表も「へー!」「なるほど…」と極めて学びの多い時間でした。僕らは生きるために働いているわけではなく、刺激的な人と働く時間を楽しみたいという気持ちが強いので、こういう「話していて楽しい人」と働けるというのは本当に光栄な事です。

いつも通り強引にまとめ

なんかもう、ラブレターみたいになってきて「この会社相当キモいな…」と入社辞退リスクすら感じるレベルになってきたのでそろそろ締めます。

最後に、備忘録も兼ねて書き留めておきますが、Emooveは”信頼”を最重要視してますし、今後この点がブレることは絶対にないでしょう。

当然そんな「スキルもあって、無条件に信頼出来る人なんて滅多にいないだろうな…」とほぼ諦めかけていましたが、今回奇跡が起こりました。そして僕らはこの奇跡を行動によって起こし続けます

「頼もし過ぎるメンバーの参画」という追い風を事業の推進力に変え、現メンバーで世界を熱狂させる最高のプロダクト・組織を創っていきますので、引き続きEmooveの動向にご期待ください!

お〜し〜ま〜い〜。

SNSでフォローする